女性スタッフ介入で風俗業界がより大きなサービス業界へ

>

風俗店で女性スタッフが武器になる

女の子の強い味方

内勤スタッフの行うことは多岐に渡ると思いますが、その中でも女の子に対してのケアというものは人気嬢に育てリピーターを作りお店の看板商品にする中ではとても重要な仕事の一つと言えると思います。デリケートな仕事でありますのでなかなか男性スタッフに相談しづらいケースも出てくるでしょう。
そんな時女性スタッフがいたらどうでしょう。女の子から話す内容も男性に話すよりはより砕けた話ができるでしょうし、女性目線のアドバイスもできるでしょう。
男性スタッフがダメと言っているわけではありませんが、男性は理論で納得し女性は感情で納得する脳を持っていると言われているのでどうして共感してくれないのだろうと女の子側から思われていることも少なからずあるはずです。
女の子の相談役には女性スタッフはうってつけではないでしょうか。

女性スタッフ第二の母になれ

風俗店に勤めている女の子には色々な事情をもって勤めています。大金がほしいというゴールの目標は同じように思われますが仕事を始めるまでに至ったその過程にはたくさん思いがあることでしょう。
そして実の親に容認されて勤めている女の子は実際どれくらいいるのでしょうか?
おそらく1割にも満たない確率ではないかと思います。自身の行っている仕事が公にできないとなると女の子自身の人生観自体を理解してくれる人も少ないはずです。
ここで女性スタッフの役割は「第二の母親」です。
お店に帰ってこれば〇〇さんがいる、第二の母がいる安心感があれば仕事の大変さや苦しさもいくらかは和むでしょうし、男性には話しにくいことも話せることは女の子にとっては強い味方です。


この記事をシェアする