女性スタッフ介入で風俗業界がより大きなサービス業界へ

>

女性スタッフの対応がお客さんにもたらすものとは

男性にはない対応術を活かせ

女性が風俗業のスタッフになることは世間的に理解のない人から見れば白い目でみられてしまうこともあるでしょう。それでも風俗業界のスタッフになるということは並々ならぬ思いで従事しているはずです。もしかしたら自身も昔は服を脱いでサービスをしていた一人かもしれません。それであれば女の子の気持ちはもちろん、お客さん側の気持ちも理解に強いのかもしれません。
その過去の経験を活かした接客は鬼に金棒です。初めて風俗を経験するお客さんが勇気を出して電話した相手が女性スタッフ優しく丁寧に案内をされたらどうでしょう。またここに頼もうと受付の時点では二重丸ですね。
来店型のお店であれば受付をして待合室までも男性スタッフが威圧感たっぷりで来るよりも女性に案内されお茶でも出してもらえるものならお店へ入ってくるまでの雰囲気はばっちりではないでしょうか。

従順な働きぶりに期待

女性が風俗業界のスタッフになるのは並々ならぬ思いと前ページに書きました。
公にできない立場でなくてはならないですが、そんな立場だからこそ従順な人が多いように思います。言葉使いはもちろん、話している時の雰囲気作りも大事にします。一挙手一投足に神経を集中させサービス業界人であることを意識することでしょう。
それもこれもお店の発展へ繋がると思う従順な心から成せるものと思います。
一つ一つのアクションがこれからリピーターになってもらえるかどうか心得ながら接客サービスをしてくれるはずです。
お客様の気持ち、女の子スタッフの気持ちが男性スタッフから違う角度で見渡せることはとても強みでありお店に新たな風をふかしてくれることでしょう。


この記事をシェアする